デリケートゾーンの黒ずみはなぜ起こる?改善できる?

43

気づいた時には遅かった?デリケートゾーンの黒ずみ

普段はあまり自分のデリケートゾーンを意識することはないものです。しかし、いざ恋人や好きな人ができた時「いつ何があっても恥ずかしくないように」とお手入れがてら自分のデリケートゾーンをチェックしてみたら、想像していた以上の黒ずみにショックを受けてしまった……という経験は、多かれ少なかれ皆さんお持ちではないでしょうか。
気づいた時には遅かった!などということは、ありません。デリケートゾーンの黒ずみは専用のクリームを使ってしっかりお手入れをし、これまでの悪い生活習慣を改めさえすれば治りますし、お手入れを続けることで今後の黒ずみの予防にも繋がるのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

ところで、デリケートゾーンの黒ずみは、なぜ起こるのでしょうか。原因を知っておくことで黒ずみを予防できますし、今ある黒ずみがこれ以上悪化するのを防ぐこともできます。
デリケートゾーンの黒ずみの原因としては、ムダ毛処理等による「摩擦」、衣類による「擦れ」、小さめの下着を身に着けることによる「締め付け」、生理前後やストレス、加齢などによる「ホルモンバランスの崩れ」などが考えられます。お風呂に入った際に、ゴシゴシ擦って必要以上に洗いすぎてしまったり、着け心地をチェックせず、デザイン重視で下着やボトムスを選んだりするのも、デリケートゾーンの黒ずみの原因になります。また、乾燥や、栄養バランスが偏った食事を続けること、睡眠不足、不規則な生活、十分に休養がとれない多忙な生活リズム、体の冷えなども、原因の根底にはあります。
デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、これまでの生活習慣を改める必要がありますが、いきなり全てを改めるというのは難しいものです。少しずつ、できることから見直していくようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するアイテム

デリケートゾーンの黒ずみを改善するアイテムとしては、クリームタイプの他、ローションタイプやオイルタイプ、ジェルタイプ、石鹸タイプなどがあります。
これらのうち、最も出回っているのがクリームタイプであり、主な商品としては「イビサクリーム」や「ホスピピュア」「ヴィナピエラ」「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」といったものがあります。クリープタイプは、肌に浸透しやすく伸びやすい、使い心地が良く保湿効果も高いといった点がメリットとして挙げられ、人気です。
また、ローションタイプとしては「ヴィエルホワイト」があり、ベタつかない、さっぱりした使用感が評判です。スッと肌に馴染むので、お手入れも素早くできるのも魅力の1つと言えます。
オイルタイプとしては、薬局で購入できる「バイオイル」や「ワセリン」が挙げられます。バイオイルは元々、完治した傷痕や、ニキビ痕、乾燥による小ジワや妊娠線のケアを目的として作られたものです。デリケートゾーンの黒ずみ解消を目的としたものではありませんが、植物由来の成分で作られているのでデリケートゾーンにも安心してご使用頂けます。ワセリンについても同様で、主に保湿ケアに用いられます。デリケートゾーンの黒ずみは乾燥が原因で起こることも多いので、ワセリンを塗ることで予防や悪化防止に繋がります。
ジェルタイプとしては、ドラッグストアで購入できる「フェミニンモイストジェルセンシティブ」が挙げられます。こちらも、主に保湿することでデリケートゾーンの黒ずみを予防、悪化防止することができます。